Mullard EL32 真空管 自作ハイブリッドμ(ミュー)フォロワ・ヘッドフォンアンプ ~秋月24V・ACアダプター(3)2014/03/04 19:54

さて、前回のブログ記事で失敗しましたー。とか書いた Mullard EL32 × IRLI520N 自作ハイブリッドμ(ミュー)フォロワ・ヘッドフォンアンプなんですけど、ちょろっと回路を修正したら正常に稼働するようになりました。


EL32-IRLI520N mu follower (constant current load) hybrid headphone amplifier Ver.β ハイブリッドμ(ミュー)フォロワ 試作テスト用アンプ ALTER 1/8 Scale Pre-painted PVC Figure Djibril Episode 2 Djibril Aries
EL32-IRLI520N mu follower (constant current load) hybrid headphone amplifier Ver.β ハイブリッドμ(ミュー)フォロワ 試作テスト用アンプ ALTER 1/8 Scale Pre-painted PVC Figure Djibril Episode 2 Djibril Aries


簡単に言うと、真空管電圧増幅のプレート回路(NFBループ)から、LM317定電流回路を外してみました。

具体的には、750Ω抵抗からの配線をFETソースにハンダ付けしました。配線コードをたった一箇所付け替えただけ(!)だったりします。。。(汗


750Ω抵抗からの配線コードを、FETソースに付け替える。
750Ω抵抗からの配線コードを、FETソースに付け替える。


下掲載の回路図のとおり、プレート回路の750ΩをFETソースに直結します。LM317定電流回路はヒーターのみを定電流点火します。


Mullard EL32 ハイブリッドμ(ミュー)フォロワ・ヘッドフォンアンプのプレート回路の750ΩをFETソースに直結してみた。
Mullard EL32 ハイブリッドμ(ミュー)フォロワ・ヘッドフォンアンプのプレート回路の750ΩをFETソースに直結してみた。


上掲載のように修正した回路は、過去のブログ記事に掲載した、EL32/89Y/JAN CRC 6V6GTY/Reflector 6P6S タイプの回路です。

http://valvolerosso.asablo.jp/blog/2014/01/30/7207975
http://valvolerosso.asablo.jp/blog/2014/02/02/7210348
http://valvolerosso.asablo.jp/blog/2014/02/03/7211271


これって、定電流負荷と書いてますけど、その後いろいろ考えた結果、厳密に言えば“定電流負荷”じゃないよなー。と思った。

FETのソースに、三極管(あるいは多極管の三結)と定電流回路が並列接続されている(!)ので、合成抵抗値は無限大ではなく抵抗値なのではないでしょうか?

FETと五極管は定電流特性ですけど、三極管(あるいは多極管の三結)は抵抗特性ですよね?


うーん。


と、さんざん悩んだのですけど、今回は幸いな事に LM317←→抵抗(15Ω)切替スイッチが設置してあるので、実際にオシロスコープで波形を見るのが手っ取り早いです。


LM317←→抵抗(15Ω)切替スイッチを使用して、実際にオシロスコープで波形を見てみた。
LM317←→抵抗(15Ω)切替スイッチを使用して、実際にオシロスコープで波形を見てみた。


EL32 負荷8Ω LM317定電流の場合の出力電圧
EL32 負荷8Ω LM317定電流の場合の出力電圧

EL32 負荷8Ω 抵抗(15Ω)の場合の出力電圧
EL32 負荷8Ω 抵抗(15Ω)の場合の出力電圧


結論。あんまり変化ありませんっ!


やっぱり、上掲載回路図のように、三極管(あるいは多極管の三結)と定電流回路を並列接続したタイプの回路は、厳密な定電流回路にならないようです。(多少は効果あるみたい。。。)


。。。という訳で、定電流回路はスッパリ諦めて、回路を修正する事にしました。  (変わり身、早ッ!?)


切替スイッチのところにハンダ付けしている、LM317へ向かう配線を、真空管ソケットのヒーター部分に配線します。
切替スイッチのところにハンダ付けしているLM317へ向かう配線を、真空管ソケットのヒーター部分に配線します。


6.3Vと12.6Vの切替スイッチを設置してやると、EL32と1626はピンアサインが被るので、差し換え可能になります。
6.3Vと12.6Vの切替スイッチを設置してやると、EL32と1626はピンアサインが被るので差し換え可能になります。


EL32 / 1626 Mu Follower ( resistance load ) hybrid Headphone Amplifier Ver.β testing circuit 暫定回路図
EL32 / 1626 Mu Follower ( resistance load ) hybrid Headphone Amplifier (Tube Headphone Amplifier) Ver.β testing circuit 暫定回路図



FETソースフォロワのソース抵抗を定電流回路にするのは今回ダメだったですけど、真空管の負荷が定電流源であるμフォロワはそのままですので、24Vの低電圧でμフォロワハイブリッドヘッドフォンアンプが出来たのは、それはそれで快挙なのではないでしょうか???

何事も欲張り過ぎなのはよろしくないので、とりあえず一歩づつ実績を作った方が良いかもしれません。


ていうか、ぶっちゃけ、私個人的に半導体関係が弱いので、いちおう自分にとっての未知の領域にチャレンジはするけど、今回の定電流アンプがダメだったら1626アンプに改造しちゃおう(!)と、こっそり画策していたので、案の定そうなってしまいました。。。(汗

( おい。。。(^_^; )



EL32 / 1626 Mu Follower ( resistance load ) hybrid Headphone Amplifier (Tube Headphone Amplifier) Ver.β Dengeki 20th Anniversary Festival WAVE Beach Queens To Aru Kagaku no Railgun Mikoto Misaka ES Dengeki limited shop ver.
EL32 / 1626 Mu Follower ( resistance load ) hybrid Headphone Amplifier (Tube Headphone Amplifier) Ver.β Dengeki 20th Anniversary Festival WAVE Beach Queens To Aru Kagaku no Railgun Mikoto Misaka ES Dengeki limited shop ver.


えーと。


このブログにご来訪の皆様からすれば、EL32定電流負荷μフォロワハイブリッドヘッドフォンアンプがいつの間にか、あれよあれよという間に“EL32/1626差し換え可能μフォロワ(抵抗負荷)ハイブリッドヘッドフォンアンプになってしまった(!)ので、なんじゃそりゃあ~!?とお思いの方もいらっしゃると思うのですけど、いやホラ、仕事と同じで、NGだった時のバックアップの代替案がないと不味いでそ?と言い訳してみるテツさんでありました。。(滝汗


( なんじゃそりゃだよ、ホント。。。(^_^; )


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
14GW8の欧州名は『pcl86』ですが、
6CH6 の欧州名はなんでしょう?
(半角小文字で入力)

コメント:

トラックバック