ラジオ少年から新発売のトロイダル電源トランス BT-TR-2 を購入しました。2013/11/21 19:27

アマゾンから届いた フェノメノ 肆 四回廊事件 を読みました。


フェノメノ 肆 四回廊事件 (星海社FICTIONS)
フェノメノ 肆 四回廊事件 (星海社FICTIONS)
http://www.amazon.co.jp/dp/4061388827


やっぱ、怖ーっ。

それに続きが、スゲー気になるなー。と思っていたら、ラジオ少年からトロイダルトランスが届きました。


ラジオ少年 新発売トロイダル電源トランス BT-TR-2
ラジオ少年 新発売トロイダル電源トランス BT-TR-2

ラジオ少年
http://www.radioboy.org/index.htm


トロイダルトランス  価格4200円(本体 4000円 税200円)
一次 100V 二次 0-200-220V 100mA(ブリッジ整流を推奨)
6.3V 3A  外径 86mmΦ 高さ35mm


ブリッジ整流の電流使用率は、まあだいたい60%くらいなので、B電圧の許容電流はおよそ60mAという処でしょうか。。。


ラジオ少年 新発売トロイダル電源トランス BT-TR-2
ラジオ少年 新発売トロイダル電源トランス BT-TR-2


以前のヤツは、オークションで購入したんですけど、現在は出品されていないので入手できなくて、実は大変困っていました。

新しく新設したカラーアルマイト・シャーシは、トロイダル電源トランスを使用するのが大前提なので、トロイダルトランスが購入できないと今後の計画がすべてワヤになってしまいます。。。(汗

おまけに、入手できないトランスを使用したプログ記事を書くのもなんだか気が引けるので、どうしたものかな?と思っていたんですけど、幸いな事にラジオ少年から同じような仕様のトロイダルトランスが発売された(!)ので大変助かりました!


おそらく、真空管ヘッドフォンアンプキット(HP-AMP-1K 8,925円)で使用している BT-TR-1 を制作しているメーカーに異なる仕様のトランスを新たに発注したのだと思います。新規発注で単価がちょっと高くなったのだと推察します。それでも、たぶん私個人がトランスメーカーに発注したら、とてもじゃないが一個4千円なんて値段じゃ出来ないでしょう、きっと。

いや~。ホント。トロイダルトランスどうしょうかな???と散々悩んでたんで、おかげですごく助かりましたっ!!


えーと。


過去ブログで、球体関節人形の中に真空管アンプを入れるような記事を書きましたけど、球体関節人形の中に入れるのは『真空管+抵抗類』ですので、電源トランスと出力トランスは、ベース(台座)に収納する設計でした。


球体関節人形の中に真空管を入れてみた(4)
http://valvolerosso.asablo.jp/blog/2012/08/03/6530162



トロイダルトランスが購入できないと、球体関節人形型真空管増幅器についての将来の計画もまた、すべてワヤになってしまいます!!


球体関節人形型真空管増幅器“クワトロバルボーレ” Ball-jointed doll Vacuum Tube Amplifier“ Quattro Valvole ”
球体関節人形型真空管増幅器 “クワトロバルボーレ” 設計図
Ball-jointed doll Vacuum Tube Amplifier“ Quattro Valvole ”


あ。ちみに、クワトロバルボーレって、“四つの真空管”という意味なので、クワトロ・バジーナ大尉とは関係ありません。。。(汗

でも、関係ないハズなんですけど、ロッソカラーのランボルギーニカウンタックLP5000クワトロバルボーレって、通常の3倍速そうですよねー。(^O^)


( なんじゃそりゃ。。。(^_^; )




追伸

クルマのエンジンのバルブと真空管を意味するバルブは、イタリア語ではどちらも“Valvole”です。念のため。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
14GW8の欧州名は『pcl86』ですが、
6CH6 の欧州名はなんでしょう?
(半角小文字で入力)

コメント:

トラックバック