Mullard EL32 真空管 自作ハイブリッドμ(ミュー)フォロワ・ヘッドフォンアンプ ~秋月24V・ACアダプター(1)2014/02/25 18:53

今回から、Mullard EL32 × IRLI520N 自作ハイブリッドμ(ミュー)フォロワ・ヘッドフォンアンプについての話題です。


本日は、シャーシ加工と組立の様子をご紹介いたします。


TAKACHI US-130 をキリ加工して、部品取り付けの為の穴を開けます。
TAKACHI US-130 をキリ加工して、部品取り付けの為の穴を開けます。


シャーシ加工が終わりましたら、外装パーツを用意します。


プラスチックナット+連結(6角ジョイント)スペーサー(10mm)セット、ツマミ、スピーカー端子、2.1mm標準DCジャックMJ-14、トグルスイッチ、高輝度LED(青)、RCAジャックRJ-2008BT、6.3mmステレオジャック、オムロンUSオクタルソケット、マルツボリューム50KΩA2連、ラグ板各種
プラスチックナット+連結(6角ジョイント)スペーサー(10mm)セット、ツマミ、スピーカー端子、2.1mm標準DCジャックMJ-14、トグルスイッチ、高輝度LED(青)、RCAジャックRJ-2008BT、6.3mmステレオジャック、オムロンUSオクタルソケット、マルツボリューム50KΩA2連、ラグ板各種


外装パーツに加えて、ラグ板等も組立していきます。
外装パーツに加えて、ラグ板等も組立していきます。


内部パーツの FETLM317P 等を準備します。


International Rectifier IRLI520NPBF、ST Microelectronics LM317P、BOURNS 5kΩ potentiometer、1000uF 35V(日本ケミコンKMG)、4700uF 50V(松下)、100uF 35V(日本ケミコンSMG)、4.7uF 50V(ルビコンPK)、0.1uF 50V セラコン、ELNA RFO ピュアキャップ 220uF 50V、ゲート保護用のツェナーダイオード、エルナー・フィルムコン 0.1uF 50V、BOURNS 5KΩポテンショメータ、KOA SPR5C 電力抵抗、デールRN60D、タクマン1酸金抵抗、1/2Wカーボンフィルム抵抗
International Rectifier IRLI520NPBF、ST Microelectronics LM317P、BOURNS 5kΩ potentiometer、1000uF 35V(日本ケミコンKMG)、4700uF 50V(松下)、100uF 35V(日本ケミコンSMG)、4.7uF 50V(ルビコンPK)、0.1uF 50V セラコン、ELNA RFO ピュアキャップ 220uF 50V、ゲート保護用のツェナーダイオード、エルナー・フィルムコン 0.1uF 50V、KOA SPR5C 電力抵抗、デールRN60D、タクマン酸金抵抗、1/2Wカーボンフィルム抵抗


International Rectifier IRLI520NPBF と ST Microelectronics LM317P をシャーシに取り付けます。
International Rectifier IRLI520NPBF と ST Microelectronics LM317P をシャーシに取り付けます。


FET等を取り付ける際は、熱伝導グリスを使用してアルミシャーシを放熱器の代用にします。


シャーシ、外装パーツ、ラグ板、FET(IRLI520NPBF)などを組立して、ハンダ付けの準備ができました。
シャーシ、外装パーツ、ラグ板、FET(IRLI520NPBF)などを組立して、ハンダ付けの準備ができました。


シャーシの表側はこんな感じです。後でアクリルステージを取り付けます。
シャーシの表側はこんな感じです。後でアクリルステージを取り付けます。


次回は、ハンダ付けの様子をご紹介する予定です。


(次回につづく)


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
14GW8の欧州名は『pcl86』ですが、
6CH6 の欧州名はなんでしょう?
(半角小文字で入力)

コメント:

トラックバック