ライントランスの製作工程のご紹介2012/04/18 18:05

今回製作したライントランスの製作工程をご紹介します。

とりあえず、使用するパーツをご案内。。。


まずは、主役の東栄インプット・トランスです。

東栄変成器 600Ω→10KΩインプット・トランス ¥998

東栄変成器 (600Ω→10KΩ) ¥998
http://www1.tcn-catv.ne.jp/toei-trans7arc-net/6o-dhiotoransu.htm


トランスを収納するメタルケースは、タカチYMS-150を使用しました。

タカチYMS-150

サイズ的にちょっと大きいですし、鉄シャーシは加工が大変なので、このシャーシは、あまりオススメしません。。。(汗

通常ですと、加工が容易なアルミ製の、タカチUCシャーシあたりが良いのではないでしょうか???

UC11-5-8DD UC型ユニバーサルアルミサッシケース
http://www.marutsu.co.jp/shohin_24670/


秋月RCAジャック と シャント抵抗
秋月で販売している一個150円のRCAジャックとシャント抵抗


絹巻き単線ウエスタン・ケーブルと謎の青色コード
ウエスタン絹巻き単線と、謎のホスピタルグレード(?)ケーブル


シャーシアース・ラグ
バンテックで取り扱ってるシャーシアース・ラグ。
10個150円で購入できます。

ラグ端子3mmネジ用
http://www.soundparts.jp/terminal_strips/terminal_post.htm


3mmビスと菊座、ナット


それで、パーツが揃いましたら実際の組立となります。

最初にケースを加工します。


鉄シャーシの加工は大変です。。。(汗
鉄シャーシの加工は大変です。。。(汗

ケース加工が終わりましたら、RCAジャックを組み付けます。

RCAジャックを組み付けます。

秋月で販売している金メッキRCAジャックは、外側ナットを12mmのスパナで固定して、内側の二面幅部分を7mmスパナで締め付けます。

バンテックで取り扱ってるシャーシアース・ラグも取り付けます。

バンテックで取り扱ってるシャーシアース・ラグも取り付けます。

RCAジャックとアース・ラグを取り付けましたら、トランスを組み付けます。


トランスを組み付けます。

トランスを組み付ける際は、シャーシとトランスの間に必ず菊ワッシヤを入れます。

シャーシとトランスの間に必ず菊ワッシヤを入れます。

世間一般では、菊ワッシャはナットの緩み止め防止として使用するのですが、真空管アンプを製作する場合は、シャーシとトランスカバーの導通を確実にする為(!)に使用します。
ですから、シャーシとトランスの間に菊ワッシャを入れて、ワザとシャーシに食い込まして導通をしっかり取ります。

トランス・カバー(ケース)がアースから浮いていると雑音が出る場合があります。平ワッシャは省略しても良いですけど、菊ワッシャは必ず入れるようにしてください。
(後で原因不明の雑音に、頭を悩ませられる可能性が減ります。)


最初に真空管アンプキットを製作して『真空管アンプ作り』を覚えた人にとっては常識なのですが、自己流で覚えた人はこの辺の事を知らなかったりします。。。(汗


さて、組立が終わりましたら、次はハンダ付けです。


ハンダ各種


私個人は、通常、真空管アンプをハンダ付けする際は千住金属スパークル70(φ1.2mm)を使用しています。
たいへんオーソドックスなハンダですけど、なんだかんだ言って一番使い勝手が良いです。(^O^)

今回のライントランスは、ちょろっと遊びゴコロ(?)で、マイミクさまから頂いたマルチコアSAVBITを使用しようと思ったのですけど、ウエスタン・ケーブルは米国系ですので、やはり同じ米国系のKESTERにしました。


遊びゴコロから、ウエスタン絹巻き単線ケーブルと、KESTERはんだを使用。
ウエスタン絹巻き単線ケーブルと、KESTERはんだを使用。

ハンダ付けが終わりましたので試聴してみます。


E81Lヘッドフォンアンプ(KA-20SH)とライントランス ATH-A900で試聴
E81Lヘッドフォンアンプ(KA-20SH)とライントランス ATH-A900で試聴


数日間いろいろ試聴してみた感じですと、ちょっと高音がキツイような。。。

数時間聴いていると、ちょっと聴き疲れするみたいです。

ヘッドフォンのユニットとの相性がありますので、一概には言えないのですけど、私個人の機器環境ではなんとなくそんな感じです。。。(汗


それで、シャント抵抗をカーボンにすることにしました。


シャント抵抗をXiconカーボンに変更
シャント抵抗を、金属皮膜からXiconカーボン抵抗へ変更。

Xiconカーボン抵抗にしたら、高域のキツイ感じがなくなりました。
音のエッジが丸くなるというか。。。(汗

なんか音が枯れたような感じになったので、ジャズとかすごく合う。(^O^)

けど、その分、音の解像度が落ちたので、ポップスは辛いかも。。。(汗


それで、カーボン系ですけど歪み感の少ない、KOA SPR1C に変更する事にしました。


シャント抵抗を KOA SPR1C に変更する

国産カーボン・フィルム系は米国系よりも、タイト感が少ないです。

現在は、KOA SPR1C 15KΩで試聴しています。


以上の経緯で、現在は、シャント抵抗を KOA SPR1C 15KΩにして試聴しています。

まあ、何と言いますか、個人的な感触ですと、やっぱり国産カーボン系の東京光音RDとか、KOA SPRあたりが、歪み感が少なくて無難な選択かもしれません。。。(汗





そんな訳で、本日はライントランスの製作工程を簡単にご紹介しました。

ご参考になれば、幸いです。(^O^)