NEW 6DJ8-1626シングル真空管アンプ (1)2011/10/29 15:44

フィギュアを飾った時にカッコイイので、1626シングルアンプを製作する事にしました。


今回製作する1626アンプは、以前に作った6DJ8-1626シングル真空管アンプをアップグレードしたモノです。
http://valvolerosso.asablo.jp/blog/cat/1626/

プレート電圧を200V位に上げて出力をアップしよう!
というコンセプトです。


そこで、ラジオ少年から電源トランスT-2Vを購入しました。

http://www.radioboy.org/trance/index.htm

ラジオ少年電源トランス T-2V

T-2Vは、220V/70mA 出力です。

ラジオ少年電源トランス T-2V



ざっくりと、NEW 6DJ8-1626シングル真空管アンプの製作コストを計算してみたところ、製作費は1万7千円くらいです。


NEW 6DJ8-1626アンプ コスト表《訂正版》


電源トランスは数千円単位ですけど、抵抗/コンデンサー類は数十円単位ですので、私の真空管アンプの制作方針は、『電源トランスを安価にして抵抗/コンデンサー類は良いモノ使おう!』という方針です。

ですから、アルプスRK27/デール抵抗日ケミKMGを使用します。
それでも電源トランスが激安なので、全体的にコストダウンします。

出力トランスはもっと安価なモノがありますけど、さすがに出力トランスは音質に与える影響が大きいので、私は春日OUT41-357を使用します。


ラジオ少年T-2V と 春日OUT-41-357


OUT41-357は中・高音の音がすごく綺麗ですので、19AQ5ヘッドフォンアンプを製作してからは、ずう~っとコレばっかり愛用しています。

電源トランスを安物にしても出力トランスは絶対これっ!!みたいな?
まあ、私はOUT41-357中毒患者(ジャンキー)みたいなモンです。。。(汗


あと、回路図もいちおう制作してあります。
( 誤記を発見しましたので、暫定版の“(仮)”という事で。。。 )


NEW 6DJ8-1626シングルアンプ 回路図

入力ボリュームが100KΩになってますけど、50KΩ(A)アルプスRK27を使用する予定です。
あと、ヘッドフォン出力部に減衰抵抗を入れるつもりです。

さらに、回路図中のデカップリング・コンデンサー耐圧250Vは間違いです。
正しくは、耐圧350Vです。
電源投入直後は、300V以上の電圧が掛かるので250Vでは耐圧不足になります。ご注意下さい。

誤表記しまして申し訳ありません。。。(汗




次回は、ロードラインの説明をする予定です。


(次回につづく)


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
実物大ヘンリエッタで購入したドールは、
○○○ doll 120cmボディ
 (半角小文字を入力)

コメント:

トラックバック