6DJ8-1626ヘッドフォンアンプ2011/04/25 14:03

アマゾンで購入した『カブのイサキ』を読んで、ちょっと幸福な気分に浸りました。。。

ほんわかした気分で、なにげにマイミクさまが1626シングルをイジっているミクシィ日記を読んだところ。。。


1626ってヒーター0.25Aなので、2本だと、12.6V0.5A
PCL86 2本使用の14.5V0.6Aに近い!という事に、今更ながら気が付きました。。。(汗


クリックで拡大



つまり、現在製作中の6RHH2-PCL86~1万円真空管アンプの回路図を、
http://valvolerosso.asablo.jp/blog/2011/04/21/5819039

初段→6DJ8 出力段→1626 に、ちょろっと改造すれば、
1626ヘッドフォンアンプが作れてしまうなと妄想しました。



アンプ全体の雰囲気としては、ネット上の作例にある、しぶちゃんの電子工作サイト様の回路に近いかと思います。
http://www.asahi-net.or.jp/~gt6s-sbic/electro/vt137-1/index.html


この作例だと、春日製のちゃんとした立派な(!)伏形トランスを使用していますけど、プレート電流をちょろっと絞れば、ラジオ少年のBT-2Vで製作できちゃうので、製作費はやっぱり、球なし価格で一万円くらいかと。。。

1626は、真空管アンプを製作する人なら、たいてい持ってると思います。

出力は0.3Wだという事ですけど、おそらくそのくらいだと思うので、
ヘッドフォンアンプとしての使用を主体とすれば、充分な出力だと。。。(汗




今週は、6RHH2-PCL86~1万円真空管をハンダ付けしつつ、
連休中の工作は、6DJ8-1626ヘッドフォンアンプを製作しようと思いました。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
実物大ヘンリエッタで購入したドールは、
○○○ doll 120cmボディ
 (半角小文字を入力)

コメント:

トラックバック